高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法

高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法を書きます。

システムアーキテクト【SA】試験合格への道①-8

   

このページでは、システムアーキテクト試験に合格するためのポイントの1つ

①午後2対策

①-8:「開発標準」と「テスト自動化」に関する論文ネタ

について記載します。

 

これは「本試験時に論述した文字数が規定文字数に達しない場合の備え」を目的としています。

具体的にいいますと、午後2の「ウ」では「今後の改善点」に関する論述を求められることが多いです。

ここで規定文字数を満足する論述ができれば全く問題はないのですが、「ネタ切れ」や「所要時間が少ないことによる焦り」等が原因で手が止まってしまう可能性があると考えています。

実際に、私もプロジェクトマネージャ試験のリハーサルを実施した際に一度だけですが、規定文字数に達することなく120分を迎えてしまったことがありました。

この失敗を繰り返さないようにするため、私は、「開発標準」と「テスト自動化」について、「今後の改善点」に関する論文ネタを準備していました。

(この2つの論文ネタを準備した理由については、完全なる独断と偏見ですが、、、「開発標準」は非常に重要だけど疎かになりがちで、どのPJでも改善の余地が残された分野だと考えているからです。また、「テスト自動化」はRPAの普及に伴い、改善ネタとして有効だと採点者の方に判断してもらえると考えているからです。)

そこで、私が用意していた論文ネタと論文ネタに記載した用語の解説(第三者様が書いたネット記事)のURLを記載させて頂きます。

このネット記事のおかげで論文ネタを準備することが出来ました。感謝!

 

<開発標準>

・発生した問題:

設計書に記載した文言が曖昧な表現であったことが原因で、製造工程で多くのバグを作り込んでしまった。

 

・今後の改善点:

曖昧な日本語表現をレビューで確実に摘出することを目的に、レビュー時チェックリストを作成することにした。

また、このレビュー時チェックリストを自社の開発標準に追加することにした。これを今後の改善点とする。

●開発標準

https://it-trend.jp/development_tools/article/32-0051

 

●曖昧な日本語表現の防止 https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00611/022200001/?P=3

 

<テスト自動化>

・発生した問題1:

単体テスト時のテストケースの作成誤りにより、本来、単体テストで摘出されておくべきバグを摘出できていなかった。

・今後の改善点1:

テストケース作成誤りを防止するため、テストの自動化ツールである「JUnit」の使用を徹底する。

また、これを今後の改善点とするため、この改善点をプロジェクトマネージャに報告し、プロジェクトマネージャ経由で自社の開発標準に追加してもらう。

 

・発生した問題2:

繁忙期(1000人)を想定した同時接続テストを総合テスト時に実施していなかったため、本稼働直前のユーザテストにおいて、オンライン画面の性能に係る非機能要件を満たせないことが判明した(非機能要件:検索3秒以内、実態:検索に5秒かかる)。

・今後の改善点2:

総合テストの際(ユーザテストの実施前の段階)に、Jmeterというテスト自動化ツールを使って繁忙期と同程度の負荷をかけた状態での性能テストを実施することを徹底する。

また、これを今後の改善点とするため、この改善点をプロジェクトマネージャに報告し、プロジェクトマネージャ経由で自社の開発標準に追加してもらう。

 JUnit

 https://www.techscore.com/tech/Java/Others/JUnit/index/

 

Jmeter

https://tech-blog.rakus.co.jp/entry/2017/08/24/111332

 

プロジェクトマネージャ【PM】試験合格への道①-9

   

このページでは、プロジェクトマネージャ試験に合格するためのポイントの1つ

①午後2対策

①-9:開発標準/セキュリティに関する論文ネタ

について記載します。

 

これは「本試験時に論述した文字数が規定文字数に達しない場合の備え」を目的としています。

具体的にいいますと、午後2の「ウ」では「今後の改善点」に関する論述を求められることが多いです。

ここで規定文字数を満足する論述ができれば全く問題はないのですが、「ネタ切れ」や「所要時間が少ないことによる焦り」等が原因で手が止まってしまう可能性があると考えています。

実際に、私もリハーサルを実施した際に一度だけですが、規定文字数に達することなく120分を迎えてしまったことがありました。

この失敗を繰り返さないようにするため、私は、「開発標準」と「セキュリティ」について、「今後の改善点」に関する論文ネタを準備していました。

(この2つの論文ネタを準備した理由については、完全なる独断と偏見ですが、、、「開発標準」と「セキュリティ」は非常に重要だけど疎かになりがちで、どのPJでも改善の余地が残された分野だと考えているからです。)

そこで、私が用意していた論文ネタと論文ネタに記載した用語の解説(第三者様が書いたネット記事)のURLを記載させて頂きます。

このネット記事のおかげで論文ネタを準備することが出来ました。感謝!

 

<開発標準>

・発生した問題:

設計書に記載した文言が曖昧な表現であったことが原因で、製造工程で多くのバグを作り込んでしまった。

 

・今後の改善点:

曖昧な日本語表現をレビューで確実に摘出することを目的に、レビュー時チェックリストを作成することにした。

また、このレビュー時チェックリストを自社の開発標準に追加することにした。これを今後の改善点とする。

●開発標準

https://it-trend.jp/development_tools/article/32-0051

 

●曖昧な日本語表現の防止 https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00611/022200001/?P=3

 

<セキュリティ>

・発生した問題:

本稼働直前のユーザテストにおいて、セキュリティに関する脆弱性が発見されてしまった。

・今後の改善点:

今後のシステム開発では、下記のセキュリティ向上策を確実に実施することを今後の改善点とする。

・設計:CISベンチマークスに準拠

・製造:セキュアコーディングスタンダートに準拠

・テスト:Web脆弱性診断ツール(OWASP ZAP)の実行

 

●CISベンチマーク

https://docs.microsoft.com/ja-jp/compliance/regulatory/offering-CIS-Benchmark?view=o365-worldwide

https://jpn.nec.com/cybersecurity/blog/200522/index.html

 

●セキュアコーディングhttps://www.jpcert.or.jp/securecoding/

 

●Web脆弱性診断ツール OWASP ZAP

https://www.shadan-kun.com/blog/vulnerability/2961/

AWSソリューションアーキテクト アソシエイト(SAA)合格への道④

今回は、「AWS主催の模擬試験を必ず受験する」について記載します。

 

 これは、「本試験時に『問題を解くこと』だけに集中すること」を目的としています。

このように考える理由を以下に記載します。

まず、SAAの受験方法について説明します。

SAAは下記の2種類の受験方法があります。

・試験会場での受験

・自宅等でのオンライン受験

私は「自宅でのオンライン受験(以下、『オンライン受験』)」を選択しました。

で、オンライン受験を行うためには、事前に自身のPCに対して下記の作業(以下、「環境設定」)を実施する必要があります。

・オンライン受験用のソフトウェア(以下、「SW」)のインストール

・SWの環境設定(認証等)

システムテスト

・受験室(受験する部屋の中)を撮影

模擬試験を受験することで、「本試験前にこの環境設定を実施すること(※1)」と、「環境設定に問題がないことの確認」が可能です。

 

※1:正確にいうと、本試験の前日等に環境設定を実施することは可能ですが、本当に環境設定が正しいかは実際に受験してみないとわからないです。この点、模擬試験であれば、「模擬」ですが実際に受験が可能なため、自身が実施した環境設定の妥当性を担保できます。つまり、本試験時に「環境設定の不備で試験を実施できなかったらどうしよう」という恐怖に苛まれることが無くなります。

 

 オンライン受験を過去に経験したことがある方であれば、滞りなく環境設定を完遂

できるかもですが、オンライン受験を初めて実施する方は、手間取る可能性が高いと考えています。

恥ずかしながら、私は環境設定を完了させるのに約2時間もかかってしまいました。。

模擬試験とはいえ、「受験開始までに環境設定が終わらないかも・・」という恐怖と戦う羽目になってしまいました。。

結果的にギリギリ間に合いましたが、もしこれが本試験だったとしたらと思うとゾッとするばかりでした。

つまり、本試験当日に

・せっかく勉強してきたことが無駄になってしまう。。

・高い受験料(15,000円)が無駄になってしまう。。

という恐怖を戦う羽目にならないように、模擬試験を受験されることをおすすめします!!

 

AWSソリューションアーキテクト アソシエイト(SAA)合格への道③

今回は、「③本試験と同レベルの問題を繰り返し解く」について記載します。

 

 これは、『「①クラウド特有の概念/用語の理解」と「②複数の勉強法を用意」で習得した知識を「合格」に結びつけるための訓練』のことです。

大げさな内容ですみませんが、、要は「サンプル問題を何度も繰り返し解く」という単純な勉強方法です。

内容は単純ですが、効果は絶大です。

繰り返せば繰り返すほどに、必ず得点に結びつくと考えています。

 

ちなみに私は、「②複数の勉強法を用意」で紹介したUdemyの下記の講座を何度も解き続けました。

ここに掲載された模擬試験問題集の難易度は、SAAの本試験問題と同レベルです。

SAAの本試験を受けた直後に、「Udemyの模擬試験問題集を信じてよかった」と思いました。

難易度だけではなく、文章の構成や記載内容も非常に似ていました。超おすすめです。

 

・【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

https://www.udemy.com/share/101rfM/

 

私の場合は、3周目を終えた直後にほぼ全てのサンプル問題を理解できるようになりました。

390問×3周=1170問も解いた計算になりますが、1度解いた問題はある程度知識や記憶として定着しているので、短時間で解くことができます。

私の経験則で言いますと、1170問を解くのに要した期間は1週間程度でした。

 

 あと、本章のブログテーマと直接関係ないですが、下記の書籍に収録されていた「模擬試験問題集」を、リハーサルという位置づけで本試験の2週間前に時間を計って解きました。

この書籍に掲載された模擬試験問題集も、SAAの本試験問題と同レベルの内容でした,

この一冊で合格! AWS認定ソリューションアーキテクト ・アソシエイト

 

 

AWSソリューションアーキテクト アソシエイト(SAA)合格への道②

今回は、「②複数の勉強法を用意」について記載します。

 

これがAWS初心者が合格を勝ち取るうえで最も重要なことだと考えています。

このように考える理由は、SAAの問題が下記の特徴を持っているからです。

・文章力や読解力、発想力等の応用的なスキルが試されるような問題は出題されない。

・つまり、知識だけで解答可能な問題しか出題されない(一部、例外があるかもしれないが、合否に直結するほどの数は出題されない)。

 

回りくどくてすみませんが、、要は「知識さえ習得できれば合格できる」ということが言いたいのです。

 

知識を効率的に習得する方法としては、私が最も重要だと考えるのが、「複数の勉強法を用意すること」です。

このように考える理由は以下のとおりです。

・複数の方法で勉強することで、理解度が深まる。

・「知識の習得」という単純な勉強は飽きやすい。複数の勉強法があれば、「飽きたら他の勉強法を試す」という方法が採れる。つまり、学習を継続できる。

・動画やWebサイト、アプリ等を使った学習は机に向かう必要がない。勉強嫌いな私は「机に向かう=覚悟がいる。面倒くさい。」という発想になってしまう。。動画やWebサイト、アプリであればスマホさえあればいつでも気軽に勉強できる。

 

それではSAA合格のために私が実践した勉強法を以下に記載します。

 

1:書籍を読み込む。

この一冊で合格! AWS認定ソリューションアーキテクト ・アソシエイト

 

誰もが実践する勉強法ですね。

SAA関連の書籍を複数読み込んだ成果として、私はこの書籍を一番おすすめします。

「わかりやすい文章」、「シンプルな図解」、「水色を基調としたデザインがきれい」の3つが理由です。

私はKindle Unilimitedで購入した書籍を使っていました。

電子書籍は、「線を入れたり書き込んだりすることができない」というデメリットがありますが、そのデメリットを補って余りある携帯性があります。

また、「記憶として定着していない箇所をスクショして、後で見返す」等の紙の書籍では実践が難しい学習も容易に実施できます。

 

2:Youtube動画(その1)

「①クラウド特有の概念/用語の理解」で掲載しましたが、「くろかわこうへい」さんのYoutube動画をよく見ていました。

AWSの基本的な概念」と「SAAレベルのサンプル問題の解説」を見ることで、基本的な知識の習得に活用していました。

https://youtube.com/channel/UCirsB9lWx1Vao8jmbMK_nQg

 

3:Youtube動画(その2)

AWSブラックベルト

AWS社が運営する動画サイトです。

Route53やVPC、CloudFront等のAWSの基本的な概念に関して、ものすごく詳細な解説がされている動画です。

おなか一杯になるくらいの情報が詰め込まれているので、私は聞き流す程度に使っていました。

https://youtube.com/c/JPAmazonWebServices

 

 

4:Webサイト

有志の方?が無料で公開してくださっているWebサイトです。

主にクラウドの用語解説」「サンプル問題」で構成されています。

用語解説は初心者でも理解できる内容です。

サンプル問題は数が非常に多いです(300個超)。非常に重宝していました。有難く使わせていただきました。感謝!!

https://awsjp.com

 

5:アプリ

SAA模擬試験

SAAサンプル問題が充実しています。

基本、無料で利用できます。

③Webサイトと同様に重宝していました。

 

6:Udemy

有償の講座サイトです。

AWSの実務経験がない人は、このUdemyを使って学習することをおすすめします。

AWSの実務経験がある人も、下記の「模擬試験問題集」は超おすすめです。

具体的にいうと、架空のケーススタディを実現するためにAWSを駆使してゼロからシステムを構築する方法を学ぶことができます。

しかも、単なる座学(聞くだけ)ではなく、ハンズオン形式なので知識の定着に有効な勉強法だと思います。

ちなみに私が使用した講座は下記の3つです。

 

・これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

https://www.udemy.com/share/101WKk/

ハンズオンと座学が合わさった講座です。時間はかかりますが、受講してよかったと思える充実した内容です。

 

・【AWS初心者向け】手を動かして身につける! 実戦で役立つAWSサービスの基礎とアーキテクチャ(SAAレベル)

https://www.udemy.com/share/104nUE/

AWSの技術を駆使してゼロからシステムを構築するというハンズオン形式の講座です。AWS特有の概念に対する理解が深まります。

 

・【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

https://www.udemy.com/share/101rfM/

SAAと同レベルのサンプル問題が390問も収録されています。個人的にはこの講座が最もおすすめです。

私がSAAに一発合格したのはこの講座のおかげだと考えています。

この講座については別のブログで詳述させて頂きます。

 

 

AWSソリューションアーキテクト アソシエイト(SAA)合格への道①

今回は、「クラウド特有の概念/用語の理解」について記載します。

 

AWSソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA)に合格するため、まずはクラウド特有の概念/用語を理解することから始めましょう。

 

具体的には、今まで実務等で習得してきたオンプレミスを前提とした知識をベースに、「これをクラウドでどうやって実現するのか」という観点で学習をすることが重要だと考えています。

 

なぜなら、クラウドといっても決して新しい概念ばかりではなく、その根底には長年オンプレミスで創造されてきた概念や技術がベースになっていると考えるからです。

 

皆様が今まで習得してきたオンプレミスを前提とした知識をフル活用しましょう。

 

クラウド特有の概念の一例としては、リージョン、アベイラビリティゾーン、FaaS、レイテンシー等です。

一見聞きなれない用語かもしれませんが、書籍やYoutube動画等を活用することで簡単に理解することが可能です。

 

特に下記の書籍とYoutube動画はおすすめですので、紹介させていただきます。

 

【書籍】

AWS しくみと技術がしっかりわかる教科書

 

これは、私がSAAの資格取得を決めてから最初に購入した書籍です。

 お勧めする理由は以下のとおりです。

・初心者向け

・図解が丁寧

・簡潔な文章のため理解しやすい

・概念や用語に対する本質的な内容だけが記載されているので理解しやすい

・オンプレミスとの対比が分かりやすい

 

私は出張や通勤等の移動中にこの書籍を読み込んでいました。

ちなみに、クラウド超ど素人の私でも3回通しで読めば全ての内容を理解できました。

それくらい分かりやすい内容です。

文章が少ないので、2時間あれば1周することができます。つまり、6時間程度の学習時間でクラウドの基本的な概念/用語を習得することが可能です。

 

Youtube動画

くろかわこうへい AWSチャンネル

www.youtube.com

AWSの資格取得を志している方であれば、ご存知かもしれません。

この方のYoutube動画は、とにかく分かりやすいです。

素人でもわかるように説明の仕方が工夫されていると思います。

動画の内容は、AWSの基本的な概念に関すること」「SAAレベルのサンプル問題の解説」が多いです。この動画もスキマ時間によく見ていました。

 

つまり、前述した書籍で基本的な概念/用語を学習しつつ、Youtube動画で学習した概念/用語を記憶として定着させるという学習方法です。 

 

これでSAA取得するための基礎知識を習得できると考えています。

 

システムアーキテクト【SA】試験合格への道②-3

   

このページでは、システムアーキテクト試験に合格するためのポイントの1つ

②午後1対策

②-3:時間配分

について記載します。

 

これは、「90分間という限られた時間内で、自身が得意とする問題を2問選択し、全ての設問に解答すること」を目的としています。

この目的を達するためには、時間配分が重要だと考えます。

ちなみに私は本番に弱いタイプだという自覚があるため、、平成21年度〜令和元年度の過去問を実に4回も解きました。。

この私の経験則を基に、最適と考える時間配分について記載いたします。

皆様の参考にしていただければ幸いです。

 

1:受験番号、生年月日の記入

・所要時間:1分

・ポイント:受験番号と生年月日を記入しながら、今まで頑張ってきたことを思い出しましょう。きっと落ち着きと自信が湧いてくると思います。

 

2:問題選択、選択した問題を○で囲む

・所要時間:1分

・ポイント:問題選択のポイントは、「②午後1対策」の「②-1:問題の特徴、対策、問題選択のポイント」で紹介していますので、そちらをご確認ください。

問題を選択した後は忘れずに○で囲んでください。

 

3:選択した問題1を解く

・所要時間:37分

・ポイント:

解き方のポイントは、「②午後1対策」の「②-1:問題の特徴、対策、問題選択のポイント」で紹介していますので、そちらをご確認ください。

 

4:選択した問題2を解く

・所要時間:37分

・ポイント:「3:選択した問題1を解く」と同じです。

 

5:受験番号、生年月日、選択問題の記入漏れ確認

・所要時間:1分

・ポイント:絶対に確認してください。確認しないと、本試験後〜合格発表の期間において「ちゃんと受験番号と生年月日の記入、選択問題の○囲みやったかな」という不安に何度も苛まれます。。

合計の所要時間は77分です。

残り13分は不測の事態に備えた予備としていました。

 

以上となります。