高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法

高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法を書きます。

プロジェクトマネージャ【PM】試験合格への道①-8

   

このページでは、プロジェクトマネージャ試験に合格するためのポイントの1つ

①午後2対策

①-8:漢字の準備

について記載します。

 

私が過去に基本情報技術者試験応用情報技術者試験ネットワークスペシャリスト試験、プロジェクトマネージャ試験、システムアーキテクト試験の勉強をした際に、「過去問または参考書籍」に記載されていた「書けそうで書けない漢字、読み、例文」の一部を紹介させていただきます。

 

この章で紹介する漢字を記憶しておくことで、本試験で論文を書く際に役に立つと考えてます。

私自身、非常に役に立ちました。

参考にしていただければ幸いです!

 

・漢字:暫定

・読み:ざんてい

・例文:暫定処置を実施することで、発生した障害の影響を最小限に留める。

 

・漢字:刷新

・読み:さっしん

・例文:現行システムをA社製の業務ソフトウェアパッケージに刷新する。

 

・漢字:煩雑

・読み:はんざつ

・例文:現行システムを使った運用は手作業が多く非常に煩雑である。

 

・漢字:摘出

・読み:てきしゅつ

・例文:テストでバグを摘出する。

 

・漢字:選択肢

・読み:せんたくし

・例文:リスクの顕在化に備えて、複数の選択肢を準備しておく必要がある。

 

・漢字:兆候

・読み:ちょうこう

・例文:進捗遅れの兆候を察知する。

 

・漢字:些細

・読み:ささい

・例文:些細な変化も見逃さないようにすることが肝要である。

 

・漢字:曖昧

・読み:あいまい

・例文:ドキュメントに記載した曖昧な表現を排除することで、後続工程でのバグの作り込みを抑止する。

 

・漢字:顕在化

・読み:けんざいか

・例文:プロジェクト立ち上げ時に特定したリスクが顕在化した。

 

・漢字:挽回

・読み:ばんかい

・例文:進捗遅延を挽回するための対策として、クラッシングを実施する。

 

・漢字:察知

・読み:さっち

・例文:進捗遅延の兆候を察知する。

 

・漢字:遵守

・読み:じゅんしゅ

・例文:プロジェクトメンバが開発標準を遵守しているか監視する。

 

・漢字:手戻り

・読み:てもどり

・例文:バグの摘出に伴う手戻りが頻発する。

 

・漢字:網羅

・読み:もうら

・例文:総合テストで本番データを使用することによりテストデータ作成に係る工数の削減が期待できるが、テストパターンの網羅性が確保されない可能性がある。

 

・漢字:鵜呑み

・読み:うのみ

・例文:担当者からの報告を鵜呑みにせず、プロジェクトマネージャ自身が対策の要否を判断する必要がある。

 

・漢字:絞り込み

・読み:しぼりこみ

・例文:ユーザの要件に全てカスタマイズで対応すると予算超過が必至なので、業務の優先度等をもとに要件の絞り込みを実施する。

 

他にも沢山の漢字を自身のノートに書き留めてますが、これ以上書いても私の国語力の無さを露呈するだけなので、、このくらいにさせていただきます。。