高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法

高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法を書きます。

プロジェクトマネージャ【PM】試験合格への道②-3

   

このページでは、プロジェクトマネージャ試験に合格するためのポイントの1つ

②午後1対策

②-3:時間配分

について記載します。

 

これは、「90分間という限られた時間内で、自身が得意とする問題を2問選択し、全ての設問に解答すること」を目的としています。

この目的を達するためには、時間配分が重要だと考えます。

ちなみに私は本番に弱いタイプだという自覚があるため、、平成21年度〜平成31年度の過去問を実に5回も解きました。。

この私の経験則を基に、最適と考える時間配分について記載いたします。

皆様の参考にしていただければ幸いです。

 

1:受験番号、生年月日の記入

・所要時間:1分

・ポイント:受験番号と生年月日を記入しながら、今まで頑張ってきたことを思い出しましょう。きっと落ち着きと自信が湧いてくると思います。

 

2:問題選択、選択した問題を○で囲む

・所要時間:1分

・ポイント:問題選択時のポイントは、

②午後1対策」の「②-1:問題の傾向と対策」の「【ポイント3:問題選択時の判断方法】」で紹介していますので、こちらをご確認ください。

問題を選択した後は忘れずに○で囲んでください。

 

3:選択した問題1を解く

・所要時間:40分

・ポイント:

②午後1対策」の「②-1:問題の傾向と対策」の「【ポイント1:問題文と設問の対応関係】」と「【ポイント2:プロジェクトマネージャとしての考えを書かせる問題が出る】」で紹介していますので、こちらをご確認ください。

 

4:選択した問題2を解く

・所要時間:40分

・ポイント:「3:選択した問題1を解く」と同じです。

 

5:受験番号、生年月日、選択問題の記入漏れ確認

・所要時間:1分

・ポイント:絶対に確認してください。確認しないと、本試験後〜合格発表の期間において「ちゃんと受験番号と生年月日の記入、選択問題の○囲みやったかな」という不安に何度も苛まれます。。

 

6:誤字、脱字チェック

・所要時間:2分

・ポイント:特になし。

 

所要時間は85分です。

残り5分は不測の事態に備えた予備としていました。

 

以上となります。