高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法

高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法を書きます。

システムアーキテクト【SA】試験合格への道①-7

   

このページでは、システムアーキテクト試験に合格するためのポイントの1つ

①午後2対策

①-7:漢字の準備

について記載します。

 

私が過去に基本情報技術者試験応用情報技術者試験ネットワークスペシャリスト試験、プロジェクトマネージャ試験、システムアーキテクト試験の勉強をした際に、「過去問または参考書籍」に記載されていた「書けそうで書けない漢字、読み、例文」の一部を紹介させていただきます。

 

この章で紹介する漢字を記憶しておくことで、本試験で論文を書く際に役に立つと考えてます。

私自身、非常に役に立ちました。

参考にしていただければ幸いです!

 

・漢字:踏襲

・読み:とうしゅう

・例文:今回、構築する新システムは現行システムの仕様を踏襲する

 

・漢字:繁忙期

・読み:はんぼうき

・例文:業務の繁忙期は4月~5月である。

 

・漢字:煩雑

・読み:はんざつ

・例文:現行システムを使った運用は手作業が多く非常に煩雑である。

 

・漢字:摘出

・読み:てきしゅつ

・例文:テストでバグを摘出する。

 

・漢字:目検

・読み:めけん

・例文:システムでは判断できなため、必ずユーザがリストの内容を目検でチェックする運用とする。 

 

・漢字:抑止

・読み:よくし

・例文:効果的なレビューの観点をリスト化することで、同種原因のバグの再発を抑止する。

 

・漢字:擬似的

・読み:ぎじてき

・例文:障害復旧テストを実施するため、擬似的に障害を発生させる。

 

・漢字:曖昧

・読み:あいまい

・例文:ドキュメントに記載した曖昧な表現を排除することで、後続工程でのバグの作り込みを抑止する。

 

・漢字:順調

・読み:じゅんちょう

・例文:システム開発はスケジュールのとおり順調に進んでいる。

  

・漢字:逸脱

・読み:いつだつ

・例文:総合テストで摘出したバグの推移が、信頼度成長曲線の形状から大きく逸脱していた。

 

・漢字:見解

・読み:けんかい

・例文:新システムがユーザの想定とは異なる動作を示した。この事実が仕様なのかバグなのかについてプロジェクトリーダとしての見解を求められた。

 

・漢字:汲みとる

・読み:くみとる

・例文:要件定義では、ユーザが求める要件の背後にある「目的」や「経緯」等の本質的な内容を汲みとる能力が必要である。