高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法

高度情報処理技術者試験やAWSに合格するための方法を書きます。

AWSソリューションアーキテクト アソシエイト(SAA)合格への道④

今回は、「AWS主催の模擬試験を必ず受験する」について記載します。

 

 これは、「本試験時に『問題を解くこと』だけに集中すること」を目的としています。

このように考える理由を以下に記載します。

まず、SAAの受験方法について説明します。

SAAは下記の2種類の受験方法があります。

・試験会場での受験

・自宅等でのオンライン受験

私は「自宅でのオンライン受験(以下、『オンライン受験』)」を選択しました。

で、オンライン受験を行うためには、事前に自身のPCに対して下記の作業(以下、「環境設定」)を実施する必要があります。

・オンライン受験用のソフトウェア(以下、「SW」)のインストール

・SWの環境設定(認証等)

システムテスト

・受験室(受験する部屋の中)を撮影

模擬試験を受験することで、「本試験前にこの環境設定を実施すること(※1)」と、「環境設定に問題がないことの確認」が可能です。

 

※1:正確にいうと、本試験の前日等に環境設定を実施することは可能ですが、本当に環境設定が正しいかは実際に受験してみないとわからないです。この点、模擬試験であれば、「模擬」ですが実際に受験が可能なため、自身が実施した環境設定の妥当性を担保できます。つまり、本試験時に「環境設定の不備で試験を実施できなかったらどうしよう」という恐怖に苛まれることが無くなります。

 

 オンライン受験を過去に経験したことがある方であれば、滞りなく環境設定を完遂

できるかもですが、オンライン受験を初めて実施する方は、手間取る可能性が高いと考えています。

恥ずかしながら、私は環境設定を完了させるのに約2時間もかかってしまいました。。

模擬試験とはいえ、「受験開始までに環境設定が終わらないかも・・」という恐怖と戦う羽目になってしまいました。。

結果的にギリギリ間に合いましたが、もしこれが本試験だったとしたらと思うとゾッとするばかりでした。

つまり、本試験当日に

・せっかく勉強してきたことが無駄になってしまう。。

・高い受験料(15,000円)が無駄になってしまう。。

という恐怖を戦う羽目にならないように、模擬試験を受験されることをおすすめします!!